スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜叉神隧道(4)

yasha112.jpg

おお! 見えてきた! この隧道に来るのはホント、久し振り。 確か、十数年前だったような気がする。

そのときは、一般車での通行が可能だったので、クルマでピューっと通り過ぎてしまった。

今回は徒歩である。 ゆっくり歩いて通るのも、きっと、いいもんだろうなぁ・・・。


yasha114.jpg

物々しい扉が付いていた。

ん? なんか書いてあるぞ。


yasha115.jpg

「4時半以降必ずシャッターを閉めて施錠すること。」

えーっ・・・1000mを超える隧道を歩いてる最中にシャッター閉められたら・・・超こえ~・・・


yasha111.jpg

扁額。 中々個性的な書体ですな・・・。


yasha116.jpg

中を覗いてみる。 ナトリウム灯が点いていた。 はるか彼方向こうに出口が見えた。

夜叉神隧道(3)

yasha104.jpg

夜叉神隧道へは、麓の旧芦安村から広河原行きのバスに乗っていくのだ。

広河原は、日本で二番目に高い北岳への登山口でもある。

で、夜叉神隧道の最寄りのバス停は、広河原へ行く途中の夜叉神峠である。

夜叉神峠までは車で行くこともできるが、駐車場が狭く、今日この日も満車であると係員がアナウンスしていた。

ということで、バスを利用しないと夜叉神隧道へは行けないのである。

上の写真は、広河原行きのバス乗り場である。

な~んかこのバス、後ろが長くて、シブ~い。


yasha105.jpg

バスに乗車。 登山客、ハイキング客で結構にぎわっていた。

夜叉神隧道が目当ての客は、もちろん、私只一人である。


yasha106.jpg

夜叉神峠バス停に到着。

ふぇ~・・・今日はいい天気。 隧道日和だな~、なんて足取りも軽いのであった。


yasha107.jpg

さて、夜叉神峠バス停から、隧道方向を見てみると・・・

警備員つきの厳重なゲートが設置されていた。 あれこれと規制看板も多数設置されていた。

実は、夜叉神隧道のある山梨県営南アルプス林道は、通行がかなり規制されている。

11月下旬から6月上旬まで通行止め。

夜叉神峠から広河原までは、一般車の乗り入れは出来ない。

自転車も通行不可。

路線バスか、タクシーであれば通行できる。

でも、バスはそのまま広河原までいっちゃうし(実は、バスは途中下車可能であることを後で知りました)、優雅にタクシーなんて乗れないよ!

じゃあ隧道へはどーやって行くのよ!

一つだけ、手段が残されていた。 貴兄であればお分かりであろう。

そう。 歩いて行くのである。

yasha109.jpg

歩行者の規制はないことを警備員に確認し、敬礼し、ゲートを通過し、意気揚々と出発進行!


yasha110.jpg

しばらくすると、やっとお目当ての夜叉神隧道が見えてきた。

この瞬間、モー最高である。


夜叉神隧道(2)

yasha102.jpg

その隧道とは、これだ!!

夜叉神隧道。

林道において、日本で一番長いトンネルとされている。

ほんと~?

なぱぱぱ・・・。


yasha103.jpg

場所は、だいたいこの辺だ!!

山梨県南アルプス市。

この隧道へ行くには大変だ。

何故かって?

この隧道へ行くには、麓の旧芦安村駐車場に車を停め、山梨県営バスで夜叉神峠まで行き、そこから歩かなければならなからである。

どうして~?

それは次号で説明します。

ともかく、上の写真を見ていただきたい。

隧道が長すぎて、出口が見えないよ!!

これぞ、隧道ファンの求めるものである。

そうですよね? そー、と言っていただきたい!!

約1000mもあるらしいのですよ・・・。


プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
こんにちは!
こちらは隧道道の別館、隧隧道です。
隧道道では紹介できなかった、ビミョ~なネタをUPします。
管理人:神奈川県在住。愛車マーチコレット号に乗り、趣のある隧道の調査に奔走。ターゲットは主に現役隧道。暗闇キライ。全然慣れません。出口の見えない暗い隧道に出くわした場合、すぐにオウチに帰ります。

最新記事
最新コメント
相互リンク
隧道道
(本館)
本館隧道道への入口です。
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。