スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜叉神隧道(4)

yasha112.jpg

おお! 見えてきた! この隧道に来るのはホント、久し振り。 確か、十数年前だったような気がする。

そのときは、一般車での通行が可能だったので、クルマでピューっと通り過ぎてしまった。

今回は徒歩である。 ゆっくり歩いて通るのも、きっと、いいもんだろうなぁ・・・。


yasha114.jpg

物々しい扉が付いていた。

ん? なんか書いてあるぞ。


yasha115.jpg

「4時半以降必ずシャッターを閉めて施錠すること。」

えーっ・・・1000mを超える隧道を歩いてる最中にシャッター閉められたら・・・超こえ~・・・


yasha111.jpg

扁額。 中々個性的な書体ですな・・・。


yasha116.jpg

中を覗いてみる。 ナトリウム灯が点いていた。 はるか彼方向こうに出口が見えた。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは~

妙に無骨な枠があるなぁ…とは思いましたが夜叉神隧道はシャッター付きですか!
シャッターのある隧道なんて初めて知りましたよw
これも車の通行を規制するのが目的かなぁ。
やっぱり照明はあるんですね~。ナトリウム灯が付いてる場所の間隔が長いのでしょうか。
隧道内は明るそうな感じがあまりしませけど、懐中電灯無しでも不安無く歩けました?

どうも~

いかの塩辛さま、こんばんは。
そういえば、そうですね!
扉付きの隧道は、過去にありましたが、シャッター付きはなかったなぁ・・・。
ところで、シャッターの真の目的は分かりません・・・。
このシャッターは、反対側の出口には設置されていないのですよ。
もし、車を規制するものだとしたら・・・
ルンルン気分で峠道を走ってきたドライバーは、ルンルン気分で夜叉神隧道に突っ込むでしょう・・・。長いトンネルだな~、なんてドライバーはのんきな言葉をつぶやくでしょう・・・。
そして・・・
出口近くまで到達して、突然現れたシャッターにシャットされて、泣きながら夜叉神隧道をバックするのでしょう・・・。
あははは。
さて、隧道内は懐中電灯なしでも歩けます。
困るのは、バスの追い越しです。
この隧道を歩くヒトは、滅多にいないと思われます。
バスは、突然現れた人影にきっと驚くでしょう。
ひょっとしたら、亡霊と思うかもしれない。
ヘタすると、轢かれてしまうでしょう・・・。
クワバラクワバラ。

梅雨ですね・・・

雨がシトシト・・・コンバンハ。
夜叉神隧道って何気に古そうですね。水が染み出してるし・・・。 扁額の周りは石張りかな。

シャッターは片側だけですか。車は通れなくても扉を開けて人は通れたりとかできないのかな?
幅は1車線少しぐらい? 車でバックするのも距離は長いけど、ホントにギリギリって事も無さそうだから
池原隧道よりかは楽かもしれませんね(笑)

ライトを持たなくても歩けるぐらいに明るいなら安心。
でも、微妙な明るさ暗さっていうのも雰囲気ありますよね~。

亡霊といえば・・・・doodoongooさんのレポにも、何かそれらしいのが写ってる画像がありましたね。
佐久間ダムの近くにあるトンネルでしたっけ? 隧道内に人が座ってるように見えるという画像です。

体育座りのヒト

こんにちは。

いかの塩辛さんのコメントのキーワード、「水が染み出ている」、「石張り」。
これらはナント、隧道出口の風景にピッタリなのです。次号以降のレポにご期待ください。

隧道内の車線幅ですが、軽自動車であればすれ違えるかもしれません。 でも、基本的には一車線で、実は、内部に退避スペースがあるのですよ。 次号のレポに書きます。

「微妙な明るさ暗さっていうのも雰囲気ありますよね~」

まさにその通りです!! 明るいところと、暗いところが交互にやってきます。 ナトリウムランプが縞状に隧道内を照らします。 わたしは結構、こーいうのに、グッとくるんです。

「亡霊」

古い記事をご覧いただき、ありがとうございます! 佐久間ダムの近くの隧道には、体育座りをした亡霊がいたのです・・・超こえ~・・・
実は、本当に亡霊がいるのか、いないのか、去年検証に出かけました。
夜叉神編が終わったら、レポしようかな・・・

combamwa(^ ^)

この夜叉神隧道、やはり微妙な隧道だなぁ~という印象に変わってきました(笑)
(;^ ^)
真っ暗かと思ったら、一応ナトリウムライトが燈ってる。でも、あまり明るくないw
決して幅広ではない。それじゃあ、凄ーく狭いんだね?
ううん、ビックリするほど狭くはないよ。
と、まぁ・・・こんなところですよねw
隧道を抜けた先がどのような感じなのか楽しみにしてます。

例の体育座りの人がいるように見えるトンネル・・・
doodoongooさん、昨年も行かれたんですか!
えっと・・・あれは、うなぎだる隧道の近くのトンネルでしたっけ?
心霊じゃなかったとしても、ヒトが座ってるように見える場所へ近付いてみる
・・・どのようになってるのか? 興味ありますね~!
レポしていただけるのなら楽しみに待ってます!

ビミョ~

こんにちは。
毎度ありがとうございます。

正解です。 この隧道は微妙です。

明るいようで、暗い。 暗いようで明るい。

隧道の幅は、軽自動車ならばすれ違えるかもしれない。 でも普通車は多分、ムリ。

まぁ~、このブログは微妙なものをご紹介する期間限定ページと思って、ご容赦ください。 その中に、もしキラリと光るものがあれば(ないかも)、嬉しく思います。

で、心霊トンネルですが・・・

ご指摘のとおり、それはうなぎだる隧道近くのトンネルです。体育座りのヒトの近くで写真を撮りましたが・・・

これもまーっ・・・ビミョ~・・・なんですぅ・・・どーもスミマセン!!
非公開コメント
プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
こんにちは!
こちらは隧道道の別館、隧隧道です。
隧道道では紹介できなかった、ビミョ~なネタをUPします。
管理人:神奈川県在住。愛車マーチコレット号に乗り、趣のある隧道の調査に奔走。ターゲットは主に現役隧道。暗闇キライ。全然慣れません。出口の見えない暗い隧道に出くわした場合、すぐにオウチに帰ります。

最新記事
最新コメント
相互リンク
隧道道
(本館)
本館隧道道への入口です。
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。