スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県道37号線旧道

aogare101.jpg

皆さま、こんにちは。

前回の更新から1年も経ってしまいました。

すっかり、怠けてしまいました。

この場を借りて、お詫び申し上げます。

さて、今回の記事は、山梨県道37号線の旧道です。

場所は、“こちら”。


十数年前までは個性的な道でも、気がつけば旧道化してしまいます。

時間は待ってくれないのですね・・・。

それはともかく、上の写真は、右が新道、左が旧道。

新道の先にトンネルが見えますが、旧道の先にも旧トンネルがあるのです。

旧道を進んでみましょう。


aogare102.jpg

橋が見えてきた。


aogare103.jpg

14トンもの重量を支える、立派な橋だ。

だたし、幅は狭くてすれ違いはできない。

実質、一車線であると言える。


aogare104.jpg

橋の先は、行き止まり。

この先は旧トンネルに続いているのだ。


aogare105.jpg

引き返し、橋を観察する。

昭和三十年三月竣工。


aogare106.jpg

「とちのきはし」


aogare002.jpg

折角なので、トンネルの向こう側へ行ってみた。

新旧トンネルが並んでいる、の図。

忘れ去られるのはきっと寂しい、の図。


スポンサーサイト

コメント

No title

良い雰囲気の旧道ですなぁ。しかし、ひとつ疑問が。
地図を見ると、旧道へ向かうにはどちらも新道から右に分岐しているようですが、一枚目の写真は左に分岐していますよね?地図のミスなのでしょうが、どうしてこうなったのでしょう。現地に行けば納得できそうな地形になっているのでしょうか。下部温泉からそれ程離れていないなぁ、、、どうしよう。

No title

そうです!
現地に行けば、必ず納得できます!!
ついでに、旧青崖隧道内の探索もお願いします!!!
非公開コメント
プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
こんにちは!
こちらは隧道道の別館、隧隧道です。
隧道道では紹介できなかった、ビミョ~なネタをUPします。
管理人:神奈川県在住。愛車マーチコレット号に乗り、趣のある隧道の調査に奔走。ターゲットは主に現役隧道。暗闇キライ。全然慣れません。出口の見えない暗い隧道に出くわした場合、すぐにオウチに帰ります。

最新記事
最新コメント
相互リンク
隧道道
(本館)
本館隧道道への入口です。
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。