スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚橋隧道写真館別館(5)

最後に、鍵穴坑口から反対側へ抜けるまでをお楽しみください!!


kagiana115.jpg

kagiana116.jpg

kagiana117.jpg

素掘り部分までもが、鍵穴形。


kagiana118.jpg

kagiana119.jpg

鍵穴形がだんだんと薄れていく。


kagiana120.jpg

kagiana121.jpg

それでも、鍵穴形は最後まで残っている。


kagiana122.jpg

kagiana123.jpg

kagiana124.jpg

こちら側も特徴のあるポータル。

その形状の中に、ドキドキさせる何かが、確かにある。

人々を惹き付けてやまない棚橋隧道。 棚橋隧道写真館別館はこれにて休館とさせていただきます。

御来館、誠にありがとうございました。


スポンサーサイト

コメント

No title

うはぁ、このウニャウニャした模様というか凸凹というか、たまらんですね。
しかし、知らずにこの道を進んできて隧道に入った日には涙目になりそうな予感です(^-^;

No title

パパゲーノ様
こんにちは。
おぉ!!
そうなんですよそのとおりなんです!
私もとんでもない隧道に出くわしたとき、おんなじ想像をするんです。
もし、何も知らずにこの隧道に突っ込んだら、とんな気持ちなのかと。
車で突っ込むことになったら・・・。
ドライバーは、とんでもない恐怖に襲われるのです・・・。
でもこの峠は越えなければならない。
もう元には戻れない状況だったとしたら・・・。
あ、ぁ~
考えただけでもたまりません!
そういう状況に身をおきたい! でも置きたくない・・・・。
胸が、腰が、きゅうんっ ってなります。
いかがでしょうか・・・。
非公開コメント
プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
こんにちは!
こちらは隧道道の別館、隧隧道です。
隧道道では紹介できなかった、ビミョ~なネタをUPします。
管理人:神奈川県在住。愛車マーチコレット号に乗り、趣のある隧道の調査に奔走。ターゲットは主に現役隧道。暗闇キライ。全然慣れません。出口の見えない暗い隧道に出くわした場合、すぐにオウチに帰ります。

最新記事
最新コメント
相互リンク
隧道道
(本館)
本館隧道道への入口です。
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。