スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証!佐久間ダム付近のトンネル(3)

kensyou12.jpg

2番目トンネル坑口。

5年前の当時のトンネルと比べてみましょう。

下の写真をご覧ください。

kensyou13.jpg

比べたからどうということもないのですが・・・。

ここからが、いよいよ核心部分です。

体育座りのヒトは今もご在宅なのでしょうか・・・。

kensyou14.jpg

まず、覗いてみます。

遠くてまだよく分からない・・・。

kensyou15.jpg

上の写真は5年前。 これも比べちゃいます。

5年前の写真では、穴の右下のほうに写っていたのでした・・・。

kensyou17.jpg

ほら、これですよこれ。

見づらいですが、丸の中に体育座りのヒトがいらっしゃいます・・・。

今は、果たしていらっしゃるのでしょうか。

震えるシッポを押さえつつ、慎重に進むことにします。

kensyou16.jpg

上の写真は今回探索時。

周りにはだ~れもいません。

当方は、霊の存在は信じませんが、それでもあまり良い気持ちはしません・・・。

まだ、よく見えないな・・・。 ハアハア

kensyou18.jpg

さらに近づきます。

ん?

んーっ!

居ない・・・。 居ません。 ご覧の皆さま、だ~れも居ませんよーっ!! ハアハア

kensyou19.jpg

居ない居ない、やっぱり居ない。 きれいさっぱり片付けられて、兵どもが夢のあと。 あなたの番です出番です。 いつまでも、そんなところに座ってないで、ネハンに向けて旅立とう。 ムカシの住人さようなら。 また逢う日までお元気で・・・。 

スポンサーサイト

コメント

;゜д゜) <体育座りの人は・・・・

こんばんは。そう言えば今は怪談を語る季節なんですね~。

「でも、矛盾しますが、心霊現象って結構ロマンを感じたりしています」

doodoongooさんと同じく、ワタシも幽霊やオカルトって信じないくちですが、興味はあったりするんですよ。

心霊写真なども、人の顔や体がはっきり写ってるものがあったりしますが
インチキじゃないとすれば顔や体がそこに在るかのごとく、
光が何でそんなふうに像を結ぶんだろう? と、不思議に思ったりしますね。
また、出るとか噂されている場所って妙に風情や独特の雰囲気があったりとかして。

さて・・・・、再探索では体育座りの人は見えなかったし画像にも写らなかったんですね~ちょっと残念・・・・。
そう言えば、よそのサイトさんには体育座りの人が頭をうなだれている画像があるんだとか。(見た事は無いですけど)

そうすると・・・・どうなんでしょうね? 洞床から何cm、左右の壁から何cmというある位置に
カメラのレンズが来た時だけ、光の加減か何かで体育座りの人らしき像が写り込むと・・・・
だけど、あまり科学的に考察してしまうのは味気無いような気もするので
彼はあの日、たしかにあの場所に座っていた・・・・という事にしておきましょうか。

いかの塩辛さま

こんにちは。
いつもありがとうございます。
そうなんですよ・・・
残念ながら、だーれも居なかったんです。
残念なんですけど、探索時に居てもらっても困りますよね!
ここいらが、ビミョ~なところです・・・。
いかの塩辛さんご指摘のとおり、体育座りにヒトは、5年前には「居た」ということにしておきましょう。
それのほうが俄然面白いので・・・。

No title

心霊大好きヽ(゚∀゚)ノ
けど、お化けの存在は信じてません。何故なら本当にいたら怖いからww

心霊スポット扱いの隧道とかは、Wで美味しいです♪

クモ吉さま

こんにちは。
毎度ありがとうございます。
次の探索地を探すとき、心霊ファンのHPを見たりします。
そうすると、結構隧道ファンが喜びそうな物件が見つかったりします。
隧道の見方はまるで違いますが、隧道ファンと心霊ファンの接点がありますよね!
そうやって見つけた隧道は・・・
「開聞トンネル」
いや~・・・このトンネルはすごいなあ~。
探索に行きたいけど、鹿児島県、しかも薩摩半島の先端のほうじゃ、遠すぎ!!
でもいつの日か、行ってやろ・・・。
非公開コメント
プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
こんにちは!
こちらは隧道道の別館、隧隧道です。
隧道道では紹介できなかった、ビミョ~なネタをUPします。
管理人:神奈川県在住。愛車マーチコレット号に乗り、趣のある隧道の調査に奔走。ターゲットは主に現役隧道。暗闇キライ。全然慣れません。出口の見えない暗い隧道に出くわした場合、すぐにオウチに帰ります。

最新記事
最新コメント
相互リンク
隧道道
(本館)
本館隧道道への入口です。
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。