スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃぁこりゃぁ!ファイナルアンサー

ありえねぇ~101

応募総数約21万6千通を超えた、今回の南房総横断ウルトラクイズもとうとうファイナルアンサーの時がやってきた。

早速正解を見ていただこう。

上の写真の赤丸。

そう。

皆様の御推察の通り、一本の竹が宙に浮いているのである。


ありえねぇ~102

近付いてみよう。

浮いている。 浮いているとしか言いようがないではないか。


ありえねぇ~1021

横から見ても浮いている・・・!



ありえねぇ~103

分からない。 どう考えても理解できない。

それは、同伴者も同意見であった。

2010年2月、南房総の里山に曲がりくねった廃隧道があるという情報をまきき氏から得た。

我々(まきき氏、あずさ2号氏、当方)は、飢えた野犬の如く、うぅ~ワンワン!! 廃隧道の調査に向かったのであった。

その途中に出くわした、この風景である。 ホェオェゲロビシャーン!! しばしボーゼンと佇む男たち。

数分後、ハッと我に帰ったまきき氏。

謎を解こうと必死である。


ありえねぇ~104

ガルルル・・・ウ~・・・ワンワンワン!


ありえねぇ~105

その後検証の結果、浮力の原因が明らかとなった。

写真から明らかなように、横竹にくくり付けられていたのであった。

なぜこんなことをしたのか、理由は分からないのですが・・・

とにかく、竹が宙に浮いている光景に度肝を抜かれました。

御賛同いただけましたでしょうか。

御賛同いただけなかった方へ。

もう言っちゃうよ・・・

ごめんなさぁ~い!!!

(完)


スポンサーサイト
プロフィール

doodoongoo

Author:doodoongoo
こんにちは!
こちらは隧道道の別館、隧隧道です。
隧道道では紹介できなかった、ビミョ~なネタをUPします。
管理人:神奈川県在住。愛車マーチコレット号に乗り、趣のある隧道の調査に奔走。ターゲットは主に現役隧道。暗闇キライ。全然慣れません。出口の見えない暗い隧道に出くわした場合、すぐにオウチに帰ります。

最新記事
最新コメント
相互リンク
隧道道
(本館)
本館隧道道への入口です。
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。